久々に自然を満喫 ♪

しばらく行っていなかったバードウォッチングのポイント。とっ!、駐車場の端に望遠レンズをセットした数人のカメラマン。なんと沢の向こう岸の小枝に、サンコウチョウが巣をかけていました。距離にして20~30mほどか、まさに雌鳥が抱卵中でした。サンコウチョウは東南アジアから渡ってくる夏鳥で、「月・日・星・ホイホイホイ」と鳴く美しい声の持ち主です。また、コバルトブルーの綺麗なアイリングと雄は体の2~3倍にもなる長い尾羽を持っています。今時期に低山にはいると、鳴き声を聞くことはありますが、姿を見ることはあまりありません。近くの山を一回りして2時間ほどで駐車場に戻ると誰一人おらず、一人独占ウォッチングを満喫できました。実にラッキーです。

 

今年も市内のお寺の樫に、アオバズクやってきました。雌鳥は巣の中にいるのでしょうか、雄鳥はこのように巣の近くで見張っています。

 

 

 

 

 

 

 

 

写真家・中野耕志さんの写真を思い出し、真似して撮ってみました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ブッシュの中にいた奇麗なイトトンボ、貴方のお名前は?

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ついこの前まで咲いていた栗の花は、褐色になってしまいましたが、長い雄花の穂軸の元には既に小さなイガグリができてました。

記事を見てコメントする | 友だちに紹介する

広告
カテゴリー: 未分類 パーマリンク

久々に自然を満喫 ♪ への4件のフィードバック

  1. MIEKO より:

    サンコウチョウはいつか見てみたい鳥です。くちばしと目のブルーがとってもきれいですね。巣は苔を集めて作ってあるようで、最近シダやら苔にはまっている自称「ちっちゃいものクラブ」員の私はそちらにもそそられます。

  2. デン より:

    私もこんな至近距離でじっくりと見るのは初めてです。普通は薄暗い樹間を忙しく飛びまわり、しかも高い枝に留まるので良く見ることができません。また、写真を撮ることも困難でした。お近くでしたら、ご案内できますのに・・・

  3. SUB より:

    イトトンボの名前は、おそらく「オオアオイトトンボ」だと思います。厳密には「イトトンボ」の仲間ではなく「アオイトトンボ」の仲間です。ドーデもいいか?(笑)

  4. デン より:

    SUBさん、ありがとうございます。
    オオアオイトトンボですか、トンボの同定は難しく、写真や簡単なだけでは良く分かりませんでした。胸の上部のメタルグリーンと下部の黄色とがとても美しい色をしていました。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中