今年一番のさむーい朝 

連休初日、今年一番の寒さ到来。日の出後に奮起して、近く雑木林に囲まれた休耕田へ出かけてみました。休耕田は霜に覆われて、朝日に照らされて白く輝いています。

 

 

笹の葉も白く輝く霜の装いです。

 

 周囲の雑木林は山の紅葉ほどではないものの黄色や橙色に紅葉しています。耳を澄ますと、ヨシ原からはスズメやホオジロらのさえずり、近くの沼からは北国からやってきたばかりのカモの話し声や大きな笑い声、茂みではシジュウカラが盛んに声を掛け合っています。周りの草むらからは、陽に照らされて溶けた霜が、水滴となってポタン・ポタンと落ちる音がしています。雑木林では紅葉した葉が、はらはらと散っています。

 

 

 

 

 

 

 

 

色づいた葉やススキの穂が陽に照らされてとても綺麗です。

 

 

早起き頑張りついでに、休耕田を後にして自転車で隣町の愛宕山(308m)へ。大して高い山ではないのですが、自転車で登ろうとすると、結構きつい。写真は麓から山頂を見たもので、右下からつづら折りの坂道を登っていきます。山頂には愛宕山神社があります。

 

 

 

 

 

山頂近くにある公園です。山頂の愛宕山神社はもう一息、左上の鳥居の先です。ここからは、水戸市街や土浦市街をはじめ、霞ヶ浦や涸沼、太平洋までも見渡せ、眺望の開けた眺めの良い所です。

近くには宿泊ロッジや農産物直売所などもあり、子供に人気のなが~い滑り台もあるので、子供連れの家族やハイカーなどが訪れています。

 

 

 

帰り道は、登って来た道と反対の愛宕山の裏側を下って行きます。途中の沢沿いにはひっそりとした不動尊。何やら古くからの修験場で、由緒深いところのようです。この川下にはゲンジボタルが生息する水の綺麗な水田が広がり、美味しいお米も作られています。

家にたどり着いたときには、久々のチャリンコ山登りでへろへろになってしまいました。

記事を見てコメントする | 友だちに紹介する

広告
カテゴリー: 未分類 パーマリンク

今年一番のさむーい朝  への4件のフィードバック

  1. DORA より:

    いよいよ冬景色の世界ですね。良いコースがあってうらやましいです。一回りするとずいぶんお腹が減るでしょうね。

  2. デン より:

    いつの間にか、冬の入口に来てました。これからの季節は、最初の寒いのだけを堪えて体が温まってくれば、運動するには良い季節だと思います。しかし、その分、美味しい食べ物も沢山出てくるので、減量するのには難しいですね ♪

  3. ピヨねえ より:

    さわやかな秋晴れですね。田舎の風景もこうやって写真にすると素敵です。
    連休の最終日、つくばマラソンがありました。 私は学校に実験に行っただけなのですが、ランナーの一群に何気なく目をやったら、横ちんが頑張って走っていました。
    気がつけばもうすぐ師走。年末には、一年ぶりにトム君と名古屋に帰省します。

  4. デン より:

    ピヨねぇの勤め先辺りは、錦に彩られてさぞかし奇麗なのでしょうね。羨ましい限りです。ヨコチンが髪をなびかせて走ってましたか、相変わらず元気で何より。
    今年は農研の収穫祭は開催しないので、昔仲間に会えることを期待していた私にはとても残念。そのうちに、飯でも食いに行きましょう。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中