巨大なキノコ、秋がそこまでやってきた

 

田んぼ際の農道の道ばたに白いボールが転がっている。直径は20cmほどでほぼ球形、見た目もボールそのもの。触ってみると弾力があり、硬めの巨大なマシュマロみたい。調べてみると、ホコリタケの仲間のオニフスベ。食用にもなようだが、マシュマロならまだしもチョットばかり手を出しかねますね♪

 

 

 

 

ぶらついていると、町はずれのオカボ畑の脇に石仏が有りました。右側のような子安観音はよく見かけるのですが、左の石仏は良く見ると赤子を抱いて豊かな乳房を露わにして母乳を飲ませている子安観音のようです。このような石仏は初めて見ます。作られた年代は判読できませんが、見た感じでは随分古く、おそらくは江戸時代から100年以上もこの地に奉られているのでしょう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

何処からともなくモクセイの甘い香りが。このモクセイの花はクリーム色、キンモクセイ(橙色)やギンモクセイ(白色)とも異なり、咲く時期が1ヶ月以上も早い。金でも銀とも違う銅モクセイか??

 

 

 

 

 

 

 

 

 

初秋の香りにのせられて、福島の山里まで足を伸ばしてひとまわりです。

 

 

柿の実はまだ色づいていませんが、赤とんぼは真っ赤っかでした。

 

 

 

 

記事を見てコメントする | 友だちに紹介する

広告
カテゴリー: 未分類 パーマリンク

巨大なキノコ、秋がそこまでやってきた への2件のフィードバック

  1. MIEKO より:

    秋の爽やかな空気が漂っていますね、涼しそうでうらやましいです。
    今日は「秋の実のなる木」観察会でしたが日中はまだまだ暑くて、こちらは秋の気配にはまだちょっとという感じでした。

  2. デン より:

    早速のコメントをありがとうございます。今日の昼間はけっこう暑かったですが。夜になるとひと頃より涼しく凌ぎやすくなりました。モクセイの種類はウスギモクセイでしょうか、昨年も9月中旬に咲いていました。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中