一足早い夏休み、梅雨明けの会津

関東以西は梅雨明けした土曜日、まだ梅雨明けしていない会津へ悪天候覚悟で出かけてきました。ところが土曜日には一時弱い俄雨にあったものの、予想に反して翌日は朝から夏の陽射し。

会津盆地は梅雨後の湿気もあってか靄っていますが、夏の強い陽射しに夏雲を従えた磐梯山がくっきりと姿を見せていました。

 

水田の中に見つけた石碑。

素直に豊年を願い喜べますように!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

道ばたにはきれいな花やキノコがあるのだが、名前は良く分からない。キノコは食べられるタマゴタケであろうと思うのだが・・・。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

主要道から外れた只見川沿い、小さな集落の外れの一軒家。既に住んでいる人はなく、集会場などとして利用されているようでした。主がいなくなった家の窓硝子には、夏空が写っていました。

 

 

 

 

車道はここで行き止まりですが、道ばたにお地蔵さんや石碑があることから、一昔前は川沿いに更に先まで道が続いていたのでしょう。このお地蔵さんの縁起は分かりませんが、様々な願いを聴いてきたことでしょう。

 

 

夏の昼間というのに、雷の遠鳴りとともに川面に霧が立ちのぼって幻想的な風景となりました。このような状況で龍が現れるのでしょうね。

記事を見てコメントする | 友だちに紹介する

広告
カテゴリー: 未分類 パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中