小雨の花見

土曜日は生憎の雨模様でしたが、市内のお寺に枝垂れ桜を見に行ってきました。震災による自粛ムードと雨天のために、例年なら大勢の花見客で賑わう境内にもほとんど人はおらず、静かな花見でした。

広告
カテゴリー: 未分類 パーマリンク

小雨の花見 への6件のフィードバック

  1. DORA より:

    しだれ桜満開ですね。そして良いお顔の仏様ですね。
    余震ともいえないほど大きな揺れが続いていますが、そちらは大丈夫ですか?

  2. デン より:

    夕方の余震は大きかったですね。出張先の建物では、職員が外に避難しました。相変わらず余震が頻発し、原子力発電所は予断を許せぬ状況が続いています。先月11日から早くも一ヶ月が経ち、その間に梅が過ぎ、桜もまた咲き過ぎて行きます。例年ならば新年度のスタートと次々と花が咲き生き物の活気溢れる時期なのですが、どうにも憂鬱を払い去ることができない状態です。一日でも早く原子力発電所が安心できる状況になることを願っています。

  3. まる より:

    本当に原発には困ったものですが、東京では原発推進派の石原が大差で4選。東京都民は何を考えているか、あきれてものも言えません(私も都民ですが)。
    9日に期日前投票をして、10日には奥多摩の御前山にハイキングに行ってきました。カタクリの群落があるのですが、花にはまだ早く、葉が1枚出ているだけ。木の芽もまだかたく、おまけに、ガスがかかり今にも降り出しそうで、ただただ歩くだけ。久しぶりの山歩きで、昨日、今日と筋肉痛です。

    • デン より:

      先行きがよく見えない原発事故には、本当に困ってしまいます。原発から遠く離れた茨城でさえ、いまだに野菜の販売額が生産費にも見合わない昨年の半分以下だと産地の部会長が諦め顔で嘆いていました。東電と国とで損失は補償すると言っていますが、果たしてどこまで膨大な補償金を支払うことができるのでしょうか???
      今年は、先日までも寒さがここ一週間程の間に一気に暖かくなり、桜もチューリップもあっという間に満開になりました。花見の期間が短いように思います。気持ちが急いているからかも知れませんが、原発事故や地震復旧の目処がたたなければ、なかなか落ち着けません。
      あらためて、電気や水・食べ物等を何不自由なく当たり前のこととして享受し、感謝の気持ちが失われつつある私たちの生活を、考え直さねばならないと思います。

  4. ままねこ より:

    桜に囲まれてる観音様。
    みとれちゃいますね。

    • デン より:

      今週末には早くも散ってしまい。ほんの一時の花観音でした。
      隅田川の桜も散ってしまったのでしょうか、見たかったのに残念・・・。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中